プラウドフォスター株式会社代表取締役
グッドサイクル自走組織コンサルタント

◉---1967年生まれ。『マイナス感情を大切に扱い、本当の想いや価値観を言語化する』ことを武器に、経営者の『社員に対する悩み』を具体的に解決し、紹介だけで10年間顧問先が途切れず、現在は1年以上のキャンセル待ち状態。こじれた人間関係を解決できる稀有な専門家として重宝される。また、関係の質をあげ、ゴールツリー会議の実施などを通じて自走する組織に育成し、社員たちが想定以上の売上成果を出すなど貢献した企業は50社以上。
◉---著書『小さな会社の自走組織の作り方〜管理を手放すだけで社員が自分で動くようになる!〜』(プラウド出版)はアマゾンランキング5部門第1位獲得。『先見経済』2018.2~2019.1問題社員解決事例をカラー見開き1年間連載。他多数。
◉---使命は『人の間で自分を生きる!』を増やすこと。趣味は音楽と旅。特に、オリジナル曲(ロック)でライブをすることと一人旅が好き。

幼少期から両親の不仲のため『怒り』の感情の中で育つ。その環境のおかげか人間観察(特に感情面)が習慣となる。鶴川女子短期大学幼児教育学科卒業後は保育士として保育園に5年間従事、その後公立の学童保育指導員に転職。

教育現場で10年、子どもや親たちと関わる中で、既存の教育に違和感を覚え、自分の感性を信じ独自の教育(子どもを理想の形に当てはめるのではなく、ありのままを受容しあい、お互いに成長できる場づくり)を実践し、小さな改革を積み重ねる。

その後、介護会社に転職し200名の登録ヘルパーを管理育成する立場になる。この時に既存の人材育成を実施するも離職率が変わらなかったため、子どもたちにしていた教育を取り入れた。その1年後、人が辞めない会社となる。

33歳の時に「自分の力を試したい!」と言う動機で起業(小料理屋・品川区)する。最初は苦労の連続だったが、結果的に繁盛店にするも体を壊し撤退。体が元気になると「冒険したい!」と思い立ち、海外一人旅(日本語だけでバックパッカー)に出かけ視野を広げる。

36歳で出産し、いくつも仕事を掛け持ちしながら子どもと2人で暮らしていた。子どもが小学生になった43歳の時(2010年)に会社設立。

(余談:息子に対しても幼少期から「ありのままを受容し合う、お互いに尊重し合う関係」を築き、大学生になった今でも対話の多い仲良し親子。息子は自分で考えて行動する自走型。公私共にオルタナティブ教育実践35年!)

社員のこと(問題社員や対立)で胃を痛める経営者の相談に乗り、具体的に解決したことで、紹介が途切れず『問題社員を能動人材に育成する』サービスを展開。そのプロセスの中で、現場レベルの社員の問題を解決しつつ、ゴールツリー会議などを実施し、組織を自走する組織に育成。成果が上がった企業は50社以上。

経営者が望む会社経営を実現するために、組織の『関係の質』をあげ、想定以上の数値成果をあげる『自走組織』を育成することに心血を注いでいる。

著作

教育革命!
小さな会社の自走組織の作り方
管理を手放すだけで社員が自分で動くようになる!
星寿美(2021年/プラウド出版)

アマゾンランキング5部門で第1位!


20182月〜20191
経営者向け雑誌「先見経済」にて1年間、
問題社員解決事例を連載。

その他の実績

・地方自治体などで講演多数。

・東京工科大学キャリアデザイン外部講師(2017-2019)

・高額顧問獲得セミナー主宰

人脈もお金もない中で高額顧問契約が途切れない仕事ぶりを見て「ぜひやり方を教えて欲しい!」
と熱望され高額顧問獲得セミナーを不定期開催している。

・実践経営塾講師
インキュベーションセンターを運営している株式会社ソフィアコミュニケーションズ主催の経営塾。
女性起業家向けに、売上が上がる仕組み『マーケティング』を実践的に教えて欲しいとオファを頂き、
オリジナルコンテンツ講師として生徒たちの成果に貢献している。