その問題の原因は他にある⁉︎

・社員が思ったように動かない。
・数値目標が達成できない!
・業務改善が難しい!
・リーダーが育たない!
・新規顧客が思うように獲得できない!
・リピート率が悪い!
などなど・・・

経営をしていると
日々、様々な問題が起こります。

その問題を解決しようと
原因を考え改善策を考え実行。

けれど、なかなか改善できない!

なんてことが起こっています。

それは、
『真の原因』を読み間違えているから。

例えば・・・

振られたのは太っていたからだ!
って、思ってダイエットする。

子供が反抗期なのは叱ってばかりだから!
って思って褒めるようにする。

など、他の事例で考えると

いやいやいやいや・・・
そうじゃないでしょ!

そんな表面的なことを頑張って、
解決する問題じゃないでしょ!

ってわかりますよね?

でも、経営のことになると
同じような思考に陥ってしまうことがあります。

恋愛や子育てなどと違って、
経営は、
・多種多様な人が関わっている。
・数字として明確に結果がわかる。
・結果が多くの人の人生に関わる。

なので、
問題があれば確実に改善し、
結果に反映させなくてはいけません。

だから、
原因を見誤ることは
とてもリスキーなことなのです。

例えば、

社員が思ったように動かないのは、
社員教育が足りないからだ。

数値目標が達成できないのは、
ノルマ設定や報酬額が違うからだ。

などと、表面的に捉えて
改善策を打ち、頑張っても
それは
振られたのは太っているからだ、
とダイエットをしているようなもの。

真の原因は全くべつのところに
ある場合が多いです。

では、どうしたらいいか?

普段から
ありのままを受容しあう関係性を築いて
『関係性の質』を高めることで
その対話の中で見えることは
非常に多いです。

分析結果や数値は、
現状把握のために使い、
その現状の『原因と対策』を、
関係性の関わりから見つける。

それはそれほど
難しいことではありません。

表面だけを見て考えて
原因を探るのは、
浜辺で無くしたピアスを見つけるのと
同じくらい難しいですが。

普段から
本当に感じていることや
考えていることを
お互いに出し合って、
自走している組織だと、
カバンの中のどこかにあるはずの
ピアスを探すのと同じくらいのこと。

なぜなら、
本質的に関わることが
習慣になっているから。

お互いの脳の相乗効果を
生み出すことに慣れているから。

結局は、
問題を解決することにおいても、
『関係性の質』が重要だってこと。

そこが土台なんですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

息子のポケファイが壊れたので、
私のポケファイを息子に渡し・・・

私は近所のカフェ(個人店)で仕事。

Wi-Fiがあまりにもサクサクで。
居心地もいいし、コーヒー最高!

いつもより集中できました♪

======================
【年内満席。1月からの予約受付中】
もし、自走型組織で売上を伸ばすことに
興味があるなら、覗いてみてくださいね!
プレセミナー&説明会開催
https://proud-f.com/pre2
======================
【アマゾンランキング第1位】
『教育革命!小さな会社の自走組織の作り方』
〜管理を手放すだけで社員が自分で動くようになる!〜
著者:星寿美(プラウド出版)
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B08P76LNF1
======================

Follow me!