社員が愚痴を言ってきます!

さて、
人財スター経営を取り入れて
2ヶ月くらいたったある日。

その会社の経営者が

「すみ先生!
社員が、
残業したくない。
でも給料は下げて欲しくない。
って愚痴を言ってきたんですよ。

仕事なのに、
こんな甘いこと言ってくるんですよ?

すみ先生がいつも言う
ありのままを受容するなんて
できないですよ。」

と伝えてくれました。

私はこうお返事しました。

そうですね。
甘いって感じますよね!

うんうん。

ところで、仮に社員が、
この愚痴を伝えてこなかったら。

こちらが、
社員の思考レベルを把握できなかったし、

社員は、
影でストレスを感じて辞めてしまうかもしれません。

辞めなくても、
他の社員にいい影響は及ぼしませんよね?

伝えてくれたことで、

社員の思考レベルを把握し
どのように関われば良いかわかるし、

その社員に考えてもらったり、
その社員の視野を広げる大チャンスなんですよね。

例えば、

どうして残業したくないの?

って理由を聞いたら、
事情を話してくれるかもしれません。

また、

お給料を下げたくない、
どうしたら、それが叶うと思う?

仕事をしていて「楽しい」って感じる瞬間ってどんなとき?

お金ってどうやって循環していると思う?

一つの愚痴を伝えてくれたことで
質問は山のように出てきます。

なぜ山のように出てくるのか?

・その社員の思考の質を理解したいからです。

・その社員の思考の枠を外したいからです。

この対話によって、

「あ!そうか。」

と、
その社員に、気づきが起これば

そのことで、
あなたとの信頼関係が深まります。

もちろん、

愚痴を聞いたら、つい

「なんて甘いこと言ってるんだ!」

って感じる気持ちは十分、理解できます。

そして、

愚痴を一つ伝えてくれたら、

こんなに多くの恩恵があるんです。

愚痴を伝えてくれるようにまで
「ありのままの関係性」を築いたこと。

それが本当に素晴らしいです。

こうして経営者の器が、
少しずつ広がって
会社の器も広がっていきます。

愚痴を社員が言ってきた、
そのこと自体が経営者として
グッジョブ!なのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

近所の方が、

「ここから歩いて10分くらいの
実相院ってお寺が、
紅葉がきれいよ〜。」

と教えてくれました。

早速行ってみると、
外から見るよりも境内が広く、
まるで京都や奈良にいる気分。

紅葉もきれいだし、
厳かな雰囲気に
すっかり癒されました。

歩いてすぐの場所に
こんなところがあるなんて!

もっと近所を探索してみよう。
って、思いました。

======================
もし、自走型組織で売上を伸ばすことに
興味があるなら、覗いてみてくださいね!
プレセミナー&説明会開催決定!
https://proud-f.com/pre2
======================
アマゾンランキング第1位
『教育革命!小さな会社の自走組織の作り方』
〜管理を手放すだけで社員が自分で動くようになる!〜
著者:星寿美(プラウド出版)
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B08P76LNF1
======================

 

 

Follow me!