「この社員なんとかしてくれ!」そんな経営者さんの力になります。

遅刻、欠勤、怠慢、成績不良、不誠実、横領… このような社員の行動にお困りではありませんか?そんな問題社員は厳罰や単純なしつけでは改善は非常に困難です。プラウドフォスターのプロのカウンセリングで3ヶ月以内に結果を出します。

3パターンの解決方法

3ヶ月以内に期限を決めてスピード解決!

① 会社側の意図や期待を理解し成長し戦力社員に!

問題社員が生まれる原因は場合によっては会社と社員の意思の疎通というケースもあります。その場合は会社の意図を明確に社員に伝え、戦力になるモチベーションを引き出します。

② 問題社員の隠れた能力を発揮できる部署に配置転換し戦力社員に!

問題社員の深い潜在ニーズ、マインドを持っているかを探ります。それが会社の他の部署でマッチングするのであれば配置転換でその能力を引き出します。

③ 自らが納得して自主的な円満退職に!

どうしても会社にいることで不利益をもたらし続ける社員は、裁判などの問題を引き起こさないよう自主的な円満退社に導きます。

人を動かす内発的動機付けのシンプルメゾット

① 言葉そのもを聞かずに潜在ニーズを探る

② 大切にしていること(深いニーズ)を表現する。

③ 会社、本人にとっても幸せなこと(win-win)を探る

人は誰でも「人に期待されると応えたくなる心理」「自分に期待(自分を信頼)すると頑張れる心理」を持っています。この心理を応用し内発的動機付けを行います。

問題社員解決実例

問題社員Aさん(20代)ハリボテタイプ

やる気はあるが、仕事ができない。本人は、会社に貢献したいというが、コミュニケションの問題を抱えている。面接や資料作成ではそつなくこなす。いわゆる「ハリボテタイプ」本人は、営業で結果を出したいと踏ん張っていたが、悪循環。本人の言葉を聞かず、潜在ニーズにアプローチした結果、工程管理など、営業に近い事務職で実力を発揮し、生き生きと働いている。

問題社員Bさん(30代)前職では活躍していたヘッドハンティング組

前職では大活躍していた。ヘッドハンティングで鳴り物入りで入社したが、半年、1年とたっても、鳴かず飛ばず。あいつはできないというレッテルが社内で蔓延するも、プライベートでは子どもが生まれたばかりで踏ん張りどころ。何度かの面談の末、本当に自分が活躍できる会社で、また力を発揮したいと転職し、生き生きと働いている。子どものためにと無理して、自分にとっても会社にとっても幸せでない決断をしていたが、両方に幸せな決断を納得して敢行。

問題社員Cさん(50代)動かない・言葉も意図も通じない!

本人は一生懸命やっていて、悪気がないのだが、仕事レベルの仕事ができない。意図が伝わらない。人数の少ない会社で経営者との距離も近く、意思疎通が難しい。このような場合は外部の人間が必須。面談を通じて、会社の意図や仕事を教育することで3ヶ月で合格ラインの社員に成長。

企業人材教育コンサルティング参考料金

▸ チームリーダーの育成 / 企業チームコンサルティング

対象:チームリーダーとチーム全体
契約期間:1年契約(更新)
参考料金:240万円~

▸ 問題社員などの社員個別教育

対象:社員1名
契約期間:3ヶ月契約
参考料金:30万円~

お問合わせはこちら

プラウドフォスター株式会社

❖お電話、メール、LINE、Facebook、FAXお好きなツールでお問い合わせ下さいませ。❖メールは迷惑フォルダなどに入る場合がございますので、フィルター解除設定等をお願い致します。