それはヒジだね!

with コメントはまだありません


今日は、母の84歳のお誕生日です。おかあさーん!おめでとう〜〜〜!

なので、母のエピソードを一つ。

私も姉も、大人になって、それぞれ独立して、たまたま母のところに泊まりに行った、ある日のこと。

私は寝る体制が悪かったのか、朝起きるとヒジが痛くて。母に「ヒジがいたーい」というと。。。

「どれ。見せてごらん。うーん。ちょっと曲げ伸ばししてみて。手をグーパーしてみて。。。」

なーんて言うので、私は心の中で、
「へー、お母さん。すごーい。なんか親っぽいし頼りになるとこあるじゃん!」
と関心していました。

ひとしきり、私のヒジを調べて、ヒジを見ながら母の一言。

「うーん。こりゃヒジだね!」

そこにいた、私と姉は大笑い!涙が出るほど、ヒーヒー笑っていると、母が一緒になって大笑い!そこで。

「お母さん、なんで笑ってるの?」って聞いたら「あんたたちが笑ってるから」って、そこかーい!

アァ、本当に。なんて愛すべきお母さん。いつまでも元気でいてね〜!!!

ちなみに、本来は、こんなにも可愛い母ですが、このエピソードは、晩年、やっと静かに暮らせるようになってからの一場面。

私たち姉妹が子どもの頃は、いろいろあって、それはそれは大変な時代を乗り越えての今なのです。

あの頃はみんな大変だったねーって、早く笑いあえる日が来るといいなぁ。