頭でわかっていても、感情が引きずる時。

with コメントはまだありません

頭ではよーく理解しているのに、感情が引きずることはありませんか?

たとえば「親が自分のことをダメだダメだというのは、本当にダメと言っているわけじゃなくて、ただの口癖で何も考えていないんだ」とか。

「親の態度が冷たいのは、そういうリアクションしか知らないだけで愛されているのは知っている」など。

自分が『こうして欲しい』という望む言葉や態度がもらえない場合。また客観的にもキツイと思う言葉や態度の場合。

頭で、ちゃんと「そうじゃない」と理解していても、つい心が反応したり傷ついたりしてしまうことはある。

頭でわかっているからこそ、人に相談した時に「相手はそんなつもりで言ってないよ」などと言われたくない。

こういう場合って。多分、薄皮を一枚一枚積み重ねてきての反応だと思います。だから、親子関係など、子どもの頃からの近い関係に多いと思うのです。

上司や友達など、他人の言葉や態度に反応している時でも、紐解くと親子関係で作られた感情だったという場合が、多いんですよね。

例えばですが。

親から「ダメだダメだ」と毎日言われ、だからこそ親の期待に応えようと、自ら自我を否定し、別の何かになろうと頑張りすぎた場合。自我を自ら否定したことも、親から認められないことも、何十にも傷ついていて。それを大人になって言われたら、、、いくら頭で理解していても、その積み重なった「悲しみ」が反応してしまう場合があります。

では、どうしたらいいのか?

そのことに傷ついているのだと、自分のことをまず『十分に悼む』必要があります。

誰がなんと言おうと、こんなに傷ついているんだと。親に悪気が、あってもなくても、親のそれが愛情表現だろうとなかろうと。

自分が『そのことで深く傷ついてきた』と、自分が自分を悼む。それをしない限り引きずるのだと思います。

頭でわかっているだけの状態というのは、まだ自分の痛みを、ないがしろにしている状態なのです。例えば、悪気がないから、愛されているから、傷つく必要はないんだって、自分の痛みを否定している状態です。

まず傷ついた自分をちゃんと受け入れてあげましょう!そこから、やっと次に進めると私は思います。十分に悼むことができて、初めて「親にはそんなつもりはなかったんだな」とか「親と自分は違うんだ」と受け入れることができます。頭の理解だけではなく。

もっともっと深く。自分の心が癒されるまで、自分を悼むこと。そのプロセスが、とても大事です。

十分に悼むことができたら、その次は、自分が何を一番大切にしていて、その大切にしていた何が満たされなくて辛かったのか。。。その時に満たされなかった『本当の自分自身』に繋がることです。

例えば「親に喜んでほしい、親を笑顔にしたい、それを一番、大切にしていたんだなぁ。でも、その一番大切にしたい部分を、自我を殺して頑張って、満たすことができずに傷ついていたんだなぁ。」とか「親との深いつながりを一番、大切にしていたんだなぁ。でもそれを満たすことができなくて傷ついていたんだなぁ。」などなど。。。

このように深い自分と繋がれば『頭でわかっていても引きずる』という状態にはなりません。自分の感情を自分が大切にするって、とっても大事なんですよ〜♪それは、十分に悼み、そして自分が大切にしていることに繋がる、ということなのです。

頭でわかっているのに感情が反応してしまい引きずるのは、自分の感情を、自分がないがしろにしているという「お知らせ」ですよ〜。

NEWS

【11/23・12/2・12/13 文京区】自分軸をブラさず起業する!わがまま起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1231

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting