経営者は裸の王さま?!

with コメントはまだありません

仕事柄、様々な企業の様々な社員さんとお話しします。社員の方々は、経営者をよーく見ているものですね。驚くほど!

もちろん誤解の部分もありますが、的を得ていることも多々(笑)

経営者自身は、バレていないと思っている(もしくは自覚していない)ことを、しっかり見ているものです。

もちろん、社員の言葉は、経営視点がゼロの、そして社員視点からの無責任かつ勝手な言葉の数々なんです。でも、結構、シビア〜に見られていることは確かです。

例えば「本当は寂しがり屋」「人を使うの下手」「こうしてほしいって素直に言えばいいのに」「営業力は認めるけれど経営者としては尊敬できない」などは、可愛い方。

また「思った通りにやれって口では言うけど、絶対こうすべきって答えが実はあって無駄だから、もう誰も提案する気なし」などと、社員のモチベーションを下げている場合もあります。(本人は『なんで誰も提案しないんだ!』と社員のせいにしていることもある。)

逆に、社員の方々から本当に尊敬されていたり、思ったことやアイデアなどを、しっかりと伝え合える関係を築いている経営者も、もちろん、いらっしゃいます!

しかし、いづれにしても、丸裸(笑)

親子の関係や、先生と生徒の関係も似ているかもしれません。子どもって、親が思うより、驚くほど、親のこと見てますよね〜。どの世界も同じなんですよね。

そして、裸の王様であることを自覚している経営者の方が、社員との関係が良かったり、実は、社員をいい意味で動かせていたります。親子も然り♪

なので、経営者の方には、ぜひ、そこに気づいていただきたいと思うのですが、伝え方が難しい。だからブログで書いてみました(笑)

経営者が社員に求める『人間力』を社員の方々も経営者に求めています。お互いに求めているのですが、裸の王様であることを自覚することも『人間力』の素養の一つ。

ただ、この文章が伝わる方は、すでにそう在る方々で、よくわからない方ほど裸の王様だったりするので、やっぱり伝え方って難しいものですね〜。

私も、もちろん丸裸〜〜〜!見られてますよね。無意識の部分まで。あは〜♪

って書いて気づきました。丸裸って自覚すると、怖いものなし。どうせ全部バレているから隠したり守ったりする必要がない。だから関係がうまくいく。

無意識に見せたくない部分を、隠そうとしたり守ろうとしたりするから、歪みが起こるのかも〜って思いました。もっと言うと、隠したい・守りたい部分って、自分が自分を認めていない部分ってことだから、人からも認められない。

だから、別に弱みがあろうと、短所だろうと、そのこと自体はよくて(完璧な人なんていないのだから)、自分が、どんな自分も認めていたら、人からも認められる(いろいろな人がいるから、全員からとか、そういう意味ではないけれど。)ってことだと思います。

どうせバレてるんだから、丸裸のまーんまいきましょう♪特に上に立つ人こそ、大事かも、ね♪

NEWS

【11/23・12/2・12/13 文京区】自分軸をブラさず起業する!わがまま起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1231

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting