「やり方を教えてください!」という人。

with コメントはまだありません

「やり方がわからないから出来ません!」「やり方を教えてください!」こう言う意識の方は、サラリーマンに向いていると思います。フィールドが用意されている中で、輝ける方です。自分が輝けるところで力を発揮したらいいと思うのです。

どうしても起業したいなら、フランチャイズとか代理店など、売るものも、売り方も、マニュアルもあるものが、いいかもしれません。

もちろん、やり方を学ぶのは大切なことです。やり方を知ろうとする学び欲に対して言っているのではなくて、心構えとか在り方とか、そういう部分を言っています。

サラリーマンマインドから経営者マインドに変えないと、どんなノウハウを知っても、どんなに学んでも、なかなかうまくいかないと・・・私は思います。

自分を信頼して、思考錯誤して創造していく感覚って、起業には、とても大事な要素の一つと思います。

その結果、大失敗したら、そこから大きな学びを得て、次に進み。大成功したら、そこからも大きな学びを得て、次に進むって感覚です。結果の全てから学んで進み続けるのです。

『うまくいくという根拠のない自信はあっても、うまくいく方法を知っているわけではない』わけです。その中で自分の決断と行動に、自分が責任を負うという意識です。

ちなみに「これさえやれば成功します」という謳い文句の起業セミナーに大金叩いて、10年も変化ナシなのに、喜んでまだ通っているような方もいます。こう言う方は、成功したい、と口では言っていますが、本心は「そう言い続けていたい」という方だと思いますし、そういう方をターゲットにしてビジネスとして成り立っているセミナーも多いです。

本当に起業したい、自分にとってのいい結果を出したいと思うなら。やり方がわからなくても自分なりにやってみる!自分の頭で考える!という意識が、とっても大事だと思うのです。(もちろん、その中で、いろいろ学んでいいとこ取りはしていますよー。)

自分なりに行動した後の学びは深いですしね(笑)恐れず進む!それがなぜできるかというと、やっぱり自分を信じる力なのだと思います。ただ、その意識は無意識レベルです。

なぜなら、私が小料理屋で起業した時も、シングルマザーになって会社を設立した時も、やり方なんて全くわからなかったし、知識も人脈も経験もなかったですし、さらに自分を信じるという意識もありませんでした!(どちらかというと自信もなかった!)

でも、無意識レベルで「できる!」って思っていたから行動したんだろうと、振り返ると感じます。言葉で認識していない部分、在り方とか心構えとか、そんな部分が、結果につながっているように思えてならないのです。

失敗こそが学びだし、次の扉が開く鍵なので、どんどんやってみたらいいと思います♪それが怖くてできないなら。起業じゃない道で活躍したらいい・・・自分に合うフィールドを見極めることも大事です♪

例外はあって「飛び抜けた才能」もしくは「何かできること」を持っていれば、その部分で他の才能をコラボして一緒に起業することができます。チーム戦ですね。もちろん、一人一人の経営者マインドは必要なのですが。

やり方がわからないから動けない、という方でも、自分の得意なことでチームに貢献しつつ、同じ目標に向かって進むことができます。同じ目標を持つチームを作ることができれば、その中に戦略や行動が得意な人がいれば補完できます。

その得意部分は具体的なことでないと難しいです。コンテンツ・営業・戦略などです。役割分担のその役割で活躍するということです。

いづれにしても“経営者マインド”は必須です。この大事な土台であり根っこの部分である、経営者マインドを、セミナー参加者には、PDCAを回す中で実際に走りながら、お伝えし、育てています♪

「やり方がわからないと動けない人」は、フィールドが用意されている道に進んだ方が成長できる場合も多々あります。そして「自分なりにやってみる」という素質があれば経営者マインドを大きく育てることは可能です。マインドが育つと、結果にも現れるし、顔つきも変わってくるのが嬉しいですねー。

NEWS

【11/23・12/2・12/13 文京区】自分軸をブラさず起業する!わがまま起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1231

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting