人を動かすメッセージ

with コメントはまだありません

簡潔で解りやすいメッセージは、確かにそのメッセージの意味は理解しやすいけれど。それで人が動くかどうかは別物です。

人を動かすパワーのあるメッセージには、必ず相手(聴き手・読み手)にとってのメリットがあるからです。

例えば、ある動物園で「暗闇の世界」というコーナーがあり。スカンク・コウモリ・アライグマなど夜行性動物を観ることができました。入り口には大きく、

「動物たちを怖がらせるので、走ったり大声を出したりしないでください!」と書いてありました。

“して欲しい事と、その理由”が明確な、簡潔で解りやすいメッセージです。しかし、走る人や大きな声で話す人がいたそうです。

なぜでしょうか?何かが足りなかったからです。それが、相手(聴き手・読み手)にとってのメリットです。

「動物たちは、怖がると隠れてしまい、観る事が出来なくなります。」

こう書き換えたら、走ったり大声で話したりする人がいなくなったそうです。そういえば、昨日、テレビである広告会社の動画を紹介していました。観た方もいらっしゃるかもしれません。

盲目のおじさんがダンボールに「私は盲目です。暮らすためのお金を寄付してください。」と書いて道に座っていましたが、誰もお金を置いていきません。ある女性がそのダンボールの裏にメッセージを書き直しました「今日はとても素晴らしい日!でも私には見る事が出来ない。」これを読んだ道行く人々はお金を置いていくようになったという動画でした。

「私に何のメリットがあるの?なんでやらないとダメなの?」が伝わることで、初めて人が動くのです♪後者の例は、メリットという意味では「自発的にそうしたくなる情に触れる」という感じでしょうか?

相手のメリットを考える習慣を日々積み重ねることで、人を動かすメッセージを伝えられるようになるのだと思います。それはミーティングの時や普段の会話などでも同じだと感じています。

NEWS

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting