自立力②〜どんな状況でも生きて行く力〜

with コメントはまだありません

自立力とは、どんな状況でも生きて行く力と私は定義しました。このテーマで書いたら、長くなったので3つに分けてアップします。今日は②自立力が「ある・ない」の違いについて。

私は起業当時、頼る家族もなく幼子抱えて、借金もありました。小さなアパートの家賃も光熱費も滞納という崖っぷちな状況で、もちろん何の資格も人脈もありません。DVから逃げたばかりで精神的にも落ちていました。

そんな、どん底と呼べる状況でした。でも、子どもと暮らしていくために、やるしかなかったので、やってきました。その「やるしかない」という状況に本当に感謝しています。やるしかない、という状況は、迷ったりへこたれたりする余裕がないからです。ダメでもまたやるしかない(笑)ラッキーでしょ?

ただ、実は、それほど熱血な性格でもなくて(笑)ダメなら死ぬだけという逃げ道は常にありました。生きるか、死ぬか、どっちかしかない崖っぷちの時に、あまり悲壮感を感じないことが、私の才能といえば才能です。私の座右の銘は「心配するな!どうせ死ぬんだ」ですもの(笑)

悲壮感なく「出来る」という自分への信頼を胸に突き進めば、それが結果的に「不屈の精神」と呼ばれるものになり、結果がついてくるのだと思います。

こういう話をすると「すみちゃんだから出来る」ってすぐに言われてしまうのですが。実は、出来ると思っているか、出来ないと思っているかの違いだけっていう気がします。

出来ると思っていれば、できない壁が何度来ても、やろうとして一つ一つ乗り越えて、そのプロセスが道になっていて。

できないと思っていると、何もしないから何の道もできない。

ものすごくシンプルです♪

1回2回の壁で「ほら、やっぱりできなかった!」と諦めるからできないだけで、「やる」と決めてたら、何があってもやり続けて、道は作られる。

ただ、ただ、それだけの気がします。

なので、自立力が「ある・ない」の違いは、自分には「出来る」と思っているのか「出来ない」と思っているのか、ただそれだけの違いだと思います。

『自分が何を決めているのか?』だけだと実感しているのです。次の③では、結局のところ自立力とはどういうことなのかを、まとめます。

NEWS

【11/23・12/2・12/13 文京区】自分軸をブラさず起業する!わがまま起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1231

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting