その父親は本当にひどい親なのか?

with コメントはまだありません

昨日の記事『絶対に「そう」だと見えても違うことの方が多い。』の中で、身近な実例をいろいろあげましたが、今から書く、この有名な話が一番わかりやすかった〜(笑)

有名なので、聞いたことがある人はいるかもしれませんし、記憶をたどって書くので、少し違っているかもしれません。

地下鉄に父親と幼い男の子2人が乗っていました。幼い男の子達は、電車の中で、大騒ぎ!座席に立って飛び跳ねたり、つり革にぶら下がったり。男の子2人の父親は、何も注意せずに、ただじっと座っています。

この場面を見た乗客達は一様に「父親は何で注意しないんだろう?こんな親だから子どもたちは、やりたい放題だ。何てひどい親なんだ!」と思ってイライラしていました。

見るに見かねた、1人の乗客が父親に声をかけました。

「なぜ、あなたは子どもたちを注意しないんですか?みんなの迷惑だし、子どもたちも座っていないと危険ですよ!」

その声にハッとした父親は、我に返ってこう言いました。

「アァ、すみません。実は・・・。先ほど妻が亡くなったのです。子どもたちも、何か感じているようで。。。」

肩を落とし、そういう父親に乗客たちはすっかり同情しました。

ほんの数秒前までは「なんてひどい父親なんだ!」とイライラしていたのに、真相を聞いた途端に同情を寄せました。

その場面だけを見て、こうだ!と思い込むことは、思ったよりも多くあるのだと思います。でも、目に見えている状況は、その状況のほんの一部なので「絶対にこうだ」と思い込んでしまうと、間違えてしまいます。

けれど、無意識に瞬間的にジャッジしている、ということに気づかない人は多いのです。なぜなら無意識だから!

勝手にジャッジしたり、決めつけているということに「意識的」になるだけで、世界はだいぶ広がるし、分かり合える社会にもなっていくと私は思います。

誰も、誰かのことを決めつけることはできません。生きてきたプロセス、性格などのすべてをわかる人はいないからです。決めつけたり、ジャッジすることなく、客観的に理解しようとする姿勢が大切かと思います。

どんなに客観的になろうとも主観が入るので、限界はあります。だからこそ、その姿勢がまず大事と私は思うのです。

NEWS

【10/28 渋谷区】シングルマザー起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1030

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting