友達が去っていく理由

with コメントはまだありません

友達が次々に去っていく理由は「思考が自分都合のみだから」ということを、垣間見ました。

Aさん(現在50歳)。出会ってから15年の間に、Aさんから連絡が来て10回会ったくらいの関係で『明るくてフレンドリー』という印象でした。

先週、連絡をいただき、約2年ぶりにお会いしたのですが、その時に「私は友達がいない。あなたが唯一の友達なの」と言うので驚きました。たまぁにしか会わない私が唯一の友達って・・・。

思い返してみると。Aさんが私に紹介してくれて繋がった方々は、後々、Aさんに強いストレスをためてAさんから離れて行きました。

『うーん。どうしてAさんは、こんなに人に嫌われちゃうのかしら?』この素朴な疑問が先週、解けました。

Aさんは明るい反面、持論を押し通す癖があるのですが、その持論が全て「自分都合」なのです。持論を押し通しても、友達が多い人はいます。けれど、Aさんの場合、その内容が「自分都合」なのでした。

なぜ、それに気づいたかというと、数年前に再婚したという、Aさんの旦那さんと一緒にお会いしたからです。(数年に1度お茶するだけでは気づけませんでした。)

Aさん曰く、旦那さんは、優柔不断でマイナス思考が強く、何でも決めて行動してくれる人がぴったりということでした(Aさん談なので、真実は不明)。その2人との対話で。

例えばAさんは「世の中の男性はこうだから、だから私がこうしてあげているの」とか「姑の幸せは絶対こうだから、だから私がこうしてあげているのよ」など。

話を聞いていると、全てがAさんに都合のいい解釈なのにもかかわらず「だから私が、相手のためにこんなにしてあげている」と言う風に、話を持っていくのです。

(金銭面で得をしているのはAさんだけ。自分が利益を取るために、明らかに変な理論を押し通してしまう。相手から奪っている場合でも、感謝ではなく手柄にしている。)

他人の家庭のことだから、私には関係ないのに、ついつい。

「世の中の男性はこうだっていうけれど、何パーセントの男性がそうなの?それって自分に都合のいい部分だけをクローズアップしてない?」「お義母さまは、本当にそれを望んでいるの?それで都合がいいのは、自分だけじゃないの?」などと突っ込んでしまいました。

言いすぎた!と思いきや・・・Aさんは、そういう質問は一切スルー。本当に聞こえていないようです(驚)

私は「(それについて行けるのは、旦那さんくらいだから)旦那さんを大切にしてね。」と言いました。すると、旦那さんは鬱症状がひどく、重い病気も持っていて余命宣告もされているのだそう。

「それは、大変だねぇ。」と同情すると、Aさんは「財産は全部押さえてるから大丈夫。生前贈与も受けているし。」

って〜、そこ?

世の中にはいろいろな人がいて、Aさんのように『悪気なく』『ある意味ピュアに』自分都合だけしか見えない人もいるのです。それが、いい・悪いではなく。ただ、友達が離れていく理由の一つではあるなぁと感じました。

何か一緒に行動するとき、自分都合だけを押し通していたら『交流』にならないからです。そして、Aさんは、そのことを学ぶ機会はたくさんあったと思います。人が離れていったときも、チャンスだったと思います。

Aさんの例は極端な例かもしれません。でも、自分都合で考えることは、誰にもある、ということを改めて感じさせてくれる一場面でもありました。

人は(もちろん私自身も)、自分都合で考えている時、そのことに気づきづらいのです。自分を守りたいし、自分に都合よく考えたいし。その極端な例がAさんというだけで「程度の問題」です。

さてAさんは、お金や財産という側面だけを見れば、確かに大きく得していますが、私は豊かとは感じませんでした。人が離れて行くからです。価値観は人それぞれで、Aさんがそれで幸せならいいのですけれど。

もちろん、Aさんは、他の人にはわからない何かを守っているのかもしれないし、何か幼少期の体験を無意識で引きずっているのかもしれません。このような思考や行動には、Aさんの理由があります。けれど本人が、そのことに気づくキッカケは『人との交流』なのです。

『仕事ができる人・できない人』という記事の中でも触れましたが、仕事ができない人も「自分視点のみ」の人です。いかに、これが怖い状態なのか、改めて垣間見ました。

確かに、心の中に「自分視点」「自分都合」しかなければ、人との交流が難しく一人ぼっちになっていきますよね。そして、自分の幸せと同じくらい、人の幸せを願える人の周りには自然と人が集まるのです。

NEWS

【10/28 渋谷区】シングルマザー起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1030

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting