ドロドロ専門店

with コメントはまだありません


私がやるオリジナルセミナーは、違和感をとても大切にしています。講師の私が話した後、一人一人の違和感を伝えてもらいます。参加者それぞれに違和感ポイントが違い、そのポイントを丁寧に掘り下げ対話することで、本人も無意識だった、深い本音が表現されます。本音が表現されると、表情がイキイキして、本当にやりたいことのための道を創造していくことができます。

また、人の違和感、対話を聞くことで触発されて、自分の本音に気づくこともあります。自分のことは見えないけれど、人のことはよく見えるので、他の人の掘り下げを聞く時間も、自分のための時間になります。

『講師が正しいことを伝え、参加者が学ぶ』という形がスタンダードですが、私の形は違います。まず私の話をする。それに対して違和感や反対意見を話して、掘り下げ、対話によって、参加者それぞれにとっての正解を表現する、という形をとっています。

正しい答えは人の数だけあるので、それを引き出し表現するのに、違和感や怒りなどのマイナス感情がとても役に立つのです。

今、世の中は「キラキラ流行り」ですが。私は、キラキラはとても表層的と感じています。それが、いい・悪いではありません。ただ、マイナス感情に蓋をして、いくらキラキラ前向きに頑張っても、スッキリ進めない時期はやってくるでしょう。

違和感・モヤモヤ・ドロドロ、マイナスな感情こそ、本音のアンテナです。「ドロドロ」と言っても。人との関係ではなく、あくまでも自分との関係においてです。

自分との関係が人との関係に現れるので、自分と誠実に本音で付き合えていたら、人ともいい関係が築けます。自分と表層で付き合っていたら人とも同じです。

だから、私はドロドロ専門店(笑)感情を抑えて表面的にそつなく人間関係を構築するコミュニケーションは、私は面白くありません。もちろん、感情をむき出しにしろって事ではないのです。感情を大切にして自分の本音を表現できれば、感情むき出しという状況にならずに、楽しく本音の付き合いができると私は感じています。

大切なのは、自分と本当に仲良くなること。自分の感情を大切にして、自分の本音を知ることだと思います。自分と仲良くなるために、マイナス感情をアンテナにして自分とつながり直していくことが、非常に有効なのです。