こんなサプライズが!

with コメントはまだありません


世の中、サプライズ流行りですが・・・。今回、友達の結婚式でのサプライズには心底驚きました!

その友達は、8年前くらいに息子と二人旅の途中、米子駅で出会いました。素敵な歌に嬉しくなった私はつい、踊ってしまって(笑)それで仲良くなりました。彼は、自転車で日本1周の旅、しかも路上ライブで歌いながらの旅の途中でした。背中にギターを背負って、修理道具を積んでの自転車旅。無謀すぎるこのチャレンジですが、47都道府県、見事に果たした男の子です。

東京に来たら、家に泊まってね〜と約束して別れ、本当に東京に来た時に1週間ほど泊まってくれて、とっても楽しかった!ピュアで温かい大好きなお友達です。

そんな彼の結婚式となれば何をおいても行かねばと、このたび福岡に♪

結婚式・披露宴・2次会と、息子と一緒にフル参加。そのすべての中にサプライズがありました。まず驚いたのが、結婚式でのサプライズ。

後で、聞いたところ、出会った頃に、彼が彼女と約束したのが「毎月お手紙を書くよ」だったそうです。でも、彼は3ヶ月で手紙を渡すのをやめたそうです。なぜなら・・・出会って1か月後には「この娘と結婚するだろう」って確信したそうなのです。そこで、結婚式でのサプライズの為に、3か月で渡すのをやめたのです。

さて、結婚式での誓いの言葉を二人で考えている時に、彼女から「手紙を書くって約束したのに、3か月しか守ってくれなかったから、誓いの言葉の中に約束を守ることを入れたい」と、ちょっと変な雰囲気になってしまったそう。

確かに、誓いの言葉の中に、しっかりと入っていました(笑)その誓いの言葉も終わり、誓いのKISSも終わり、式が終わりかけたその時に「ここで新郎からのサプライズです。」と・・・

新郎から新婦へのお手紙朗読はよくあるサプライズと思いますが・・・。実は、手紙を3か月で渡すのをやめたのは、このサプライズの為だったんだと・・・それから毎月、欠かさず書き続けていた47通のお手紙をプレゼントしたのでした。

出会って、1か月で結婚を確信し、渡さない手紙を毎月、書き続けていた彼。なかなかできないことだなぁ、長い月日と気持ちがこもったサプライズにもらい泣きでした。

そして、披露宴では、彼女に内緒で見つからないように・・・彼女のために作った新曲「誓いの歌」を披露。とっても素敵な歌で、これまたもらい泣き。最後の2次会では、大好きなひまわりの大きな花束・・・本当に幸せいっぱいハートフルな1日でした。

披露宴での友人の出し物も、これまたビックリ!ミュージシャンの男の子3人が、広い披露宴会場を自由に歩きまわりながらオリジナル曲を熱唱。歌もハモリも素晴らしく、もう本当に感動しました。同じところで歌うのではなく、自由に動き回って、とってもカッコ良かった〜。

感動尽くしの1日でした。感謝溢れる〜。

息子と一緒に体験できたのも、これまた幸せ♪いつか息子もこんな素敵な結婚式できたらいいなぁ。