本当はわかってたでしょ?

with コメントはまだありません


先日、私自身の決断で、1つのプロジェクトを解消しました。1年半ほどの長いプロジェクトでした。

このプロセスで、実は「ちゃんと分かってたよね?」って、自分にツッコミ〜(笑)例えば、あるメンバーの言動や行動で「あれ?」「え?」と思うことがあっても、そのたびに。

・私も完璧じゃない。
・凹凸あって当たり前。
・お互いの得意を出し合えばいい。
・いい人だし。
・やる気あるし。
etc・・・

そんな風に自分の気持ちをごまかしてきたのだと思います。もちろん、できる限り必要なことを伝えては来たけれど、その時に伝わらなくても、同じ目的さえ、お互いに見ていたら大丈夫。やっていくうちにお互いに成長しあえればいい、とも思っていました。

しかし、考え方や行動が「同じ仕事レベル」にないことは実はちゃんとわかっていたと、振り返ると分かります。わかっていたのに、その人の話や愚痴をとことん聞いたり、必要な説明に時間をかけすぎたり、私の判断で、時間をたくさんかけました。

もっと初めのうちに、私が「今回は一緒にできない」と判断したらよかったのです。1年半も長引かせたのは、私の決断の甘さだと痛感。

とてもいい経験をさせていただいて、その人に、心から感謝しています。そして、活躍の場を作ることができなくて、本当に申し訳なく思っています。作ることができないのであれば、早く決断すべきだった!

『本当はわかっていた。』

この感覚を、これからは、その瞬間にもっと大切にしようと実感。自分のために。相手のために。全体のために。

こんな体験を重ねて判断が的確に、そして早くなっていくのだろうな。今、学ぶべきことに気づくための役割が必ず現れるのですね〜。感謝〜♪

NEWS

【11/23・12/2・12/13 文京区】自分軸をブラさず起業する!わがまま起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1231

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting