視点の増やし方

with コメントはまだありません
昨日書いたような自分視点(主観)のみって、スゴーク視野が狭くて、まるで暗闇の中。
細いライトだけを頼りに歩いているようなものなのではないかと思います。だから、ぶつかっても、何にぶつかったか見えないのだと思うんです。

駆け出しの頃の自分を思い出しても、そんな感じです(笑)

本人は「なんで?こんなに頑張ってるのに、どうして?」って感じでしょうか。愛すべき人間であることには間違いないのですが、いつまでも、そこに留まるのはもったいないと思います。

もちろん、大きな意味で言ってしまえば、どんな人も自分視点(主観)のみ、なのですが。

その中でも、視点を増やすためにできること。もちろん、もっと色々な要素があり、方法も無限ですが、今、思いつく8つを列挙してみます。

1.いろんな価値観や様々な世界の人に出会い、対話を深めること。(ただ出会って挨拶だけしてても視野は広がらない。聴くこと&対話が大事。)

2.価値観の違う人とディスカッションをすること。(ディスカッションは、相手の話をよく聞き、自分の意見を持って、様々な角度から検証することができないと成立しないから。)

3.普段から、人の話を深く聞いたり、なるべく客観的に観察したりすることも必須です。

4.相手の背景や、思い、場面、立場などへの想像力も必要でしょう。

5.自分自身が、いろいろな立場を経験するのは、最も有効でしょう。

6.いろいろな本を読むのもいいかもしれません。

7.こうだろうという思い込みを棚に上げて「なぜ?」と相手に理由を聞く習慣をつけるのもいいですね!

8.あ!そうそう。たまに心からバカ笑いするのもいいですよ。いやほんと大事。。。
大笑いは、パッと枠から抜けられたりしますもん。頭も緩むし。。。

また「成長したい!」という方は多くいますが、この「視点が増える」「視野が広がる」というのは、成長の大きな要素だと私は思います。

「成長したい」というのは人間が持つ欲求の一つだそうです。特に私は、昔から視野を広げたいという欲求には貪欲でした。

肉体を持った人間である以上、視野には限界があり、どこまで行っても全てが見えるわけではないが、できる限りの視野を死ぬ直前まで広げていけたら嬉しいなぁ。

と、言語化してしまえば大げさなので少し表現には違和感ですが、そんな野望を持って日々暮らしています。

その一方で、人間は、どこまで行ったとしても「井の中の蛙」で。知らない世界は無限に広がっているとも感じています。だからこそ面白い!

ちなみに、私は、昔から常に。全く交わらない真逆の世界を生きている、極端な友人がいるんですよ。例えば、自給自足で森で暮らしている友人がいたり、ビジネスで大成功している友人がいたり。

表面的には真逆でも、私が友達になる人には共通点が一つあって。自分が納得する人生を、自分で選択して切り拓いている!という。。。

あ、類友かな(笑)

おかげさまで、様々な世界を体験できています。それでも、世界のほんの一部。これからが、さらに楽しみすぎ〜。生きていることに、そして出会いに感謝なのでーす♪

明日は、視点繋がりで。
「少なくても4点を考える」って記事を書こうかなー?