自分を生きるとは?

with コメントはまだありません


自分を生きる!っていうことを発信したいので、そもそも「自分を生きる!」ってなんだろうって言語化してみます。

私が考える、自分を生きるとは『頭(理性・理論)ではなく肚(感性・直感)で決める』ってこと。もっと言うと、頭は間違える、肚は間違えない。この間違えるというのは、社会的にという意味ではなく、自分にとっての、という意味です。

自分の正解って、自分が知っているのだけれど、頭で考えると間違えちゃう。頭は理論的ではあるけれど、自分が知っている、もしくは認識できる範囲しか知らない、とても小さな世界だと私は思う。

感性はもっと深くて広くて、自分にはわからない世界を知っていると私は感じるの。だから頭で考えたら「絶対に無理!」とか。「それダメっしょ〜」とか。そういう選択もできちゃうし、その選択が、長〜い目で見たら、自分の人生に不可欠な選択だったと思えるのです。

じゃぁ、頭は必要ないかというと、実は重要です。感性や直感という(肚)で『決めた』ことをするために、アイデア出したり考えたりするときに必要なのが頭。

決めるのは肚で、進むために使うのが頭だと、、、人生を振り返ると、そう感じるんですよね。

しかし、多くの人は、決めるのも頭、進むのも頭。頭しか使ってない。そうやって生きなさいって社会も学校もそんな風潮だから。

社会の風潮がそうだからといって、頭だけで生きていたら、自分がわからなくなっちゃうと思います。いや、それで心から満たされて幸せならいいんだけれどね。

Don’t think feel!(Byブルースリー)なんて言葉が有名でも、その感覚すら頭の理解で捉えてたりね。

いや、でも本当に。
もっと感性に素直に生きたら、みんなもっと輝いた顔で生きるだろうにって心から思うのよ。私はお母さんという立場からも、大人という立場からも、経営者という立場からも、いい続けるよ。頭はお休みして、感性で生きようよ。って。

言い続けるけれど、言葉で伝えるとやっぱり頭の理解なんだよね。だから生き様を語ろうと・・・。

例えば
『道であってすぐに結婚した』とか(のちに息子と会うためだったと腑に落ちる)、
『冒険したいって思った瞬間にもう(自分では決めたり準備した記憶がない)ロッキー山脈にいた』り、
『お店を始めちゃった』り、などなど、頭っすっ飛ばして感性と直感だけで生きている、そんな生き様を語ると「それはあなただからでしょ〜?」とか言われちゃう。

言いたいのは道で会ってすぐ結婚しなさいということではなく、その時の「直感」を信じて、自分の人生を切り開いてほしい、そのストーリーは人の数だけあるってことなんだけれど(笑)

また「勇気があるね」とも、よく言われますが、実は勇気は全く発動していないんです。0パーセント。多分、勇気って考えちゃうと不安が出てくるから必要な『気』なんじゃないかな?感性と直感で頭を通さずに決断しちゃえば、もうやっちゃってるから勇気の出る幕ないのよね〜。

と、いう感じで。
なかなか感性のまま生きるということを発信するのに難しさを覚えるのです。

別に頭(理性)で生きることを否定しているわけじゃなくて。今が幸せなら方法なんざ〜なんでも良いのです。

やってみると・・・
感性で決めたことを遂行するために、めっちゃ頭使うしクリエイティブだし。そのクリエイティブな感覚がものすごく楽しい♪それは理性で生きているんですよ。ある意味。

とにかく、自分に繋がって、自分の感覚を信じて生きる!その感覚を実行するときに頭を使う。そんな生き方もあるんだよ〜、やってみたらめっちゃクリエイティブだし、面白すぎる!自分の人生に誇りが持てるよって・・・そこをね、社会や学校が教えないから、私が発信したいし、そのお手伝いもしたいんです♪

そういえば、私の座右の銘をよくいろんなところで書いていますが、たった今、もう一つ増えました!

「心配するな!どうせ死ぬんだ。」に加えて「最後に笑うのはバカ。」

頭の理論は小さな世界。どんな天才であっても宇宙のことをまだ3%しか解明できない。
(だからこそそこに挑む天才たちを尊敬しています!)

でもね。感性は知っているんですよね、自分が本当に望む道。それは頭では理解不可能な領域。そう!だから、頭をお休みして肚で生きる、ある意味『バカになれる』人は最後は笑うのです〜♪と、私は常々感じています。

NEWS

【出版しませんか?】商業出版カフェ毎月開催(無料)
http://proud-f.com/archives/1514

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting