「大人の言動が子どもに影響をするんだっ!」と息子から

with コメントはまだありません


私たち親子は、会話がかなり多い親子だと思います。くだらないことから、ディカッションまで、まぁ本当によく喋ります。お互いに言いたい放題(笑)

その内容が面白くて、今までも記事で書いたりしていたのですが、今朝の会話も面白かったのでシェアします。

高校生の息子よりも、だいぶ年下(小学生)の、息子の友達Bくんは、某外国の悪口を言うのだそうです。それを聞いて息子は・・・。

息子:
「きっと、そういう風に親が言っているからBくんも言うんだよ。親とか大人の言うことが子どもに影響を与えるんだよ。本当は、その外国に行ってみないとわからないし、どこの国にもいい人も悪い人もいるのに、大人の言動によって、子どもがそう思ってしまうのだから気をつけてほしいよ。」

私:
「そうだね。親や大人の受け売りで思い込むことってあるよね。でも、それもプロセスでさ。そう思い込んでいたけれど、大人になったらもっと広い社会を知って、あれ?実はこうなのかな?って自分の価値観が修正されていくから、いいんじゃないの?」

息子:
「いや、それもわかるけどさー。プロセスっていうのもわかるよ。でもさ、やっぱり悪く言うのは良くないよ〜。」

私:
「でも、そんなこと言ったら、昭和の頃からウルトラマンとか仮面ライダーで、人間に都合が悪いというだけで、暴力で解決するって方法を洗脳してきているじゃんか。自分たちが正義で、相手にも都合があるのにもかかわらず相手を悪者にして暴力で解決するのがヒーローってひどくない?でもそうやって洗脳されたり、憧れたりして大人になって、どこかで気づいていくわけだから、まぁ、いいんじゃない?」

息子:
「どこかで気づくとしても、気づかない人だって多いんだから、やっぱり子どもへの影響を考えて欲しいよ。大人には!」

私:
「まぁねー。そう感じているんだね。あっ!そういえばさ。沖縄で保育園やっているAちゃん覚えてる?彼女は、アメリカの基地のすぐ近くで保育園をやっていて。周りの人たちが座り込みして、日本中がアメリカ批判していたけれど、彼女は、そんな環境のど真ん中にいて。子どもたちに、あの爆音の飛行機が通るたびに『あのパイロットも国に自分の奥さんや子供達がいて、私たちのお父さんと同じように、家族のために他の国で一生懸命に働いているんだよ』って伝えて。そして飛行機が通るたび、子供達と手を振っていたじゃん。そんな大人もいるんだから、いろんな大人がいていいじゃん?ってお母さんは思うけれど、まぁ、そんな風に感じるあなたも素敵だけれどね〜。」

なんて、そんな会話を朝から延々と続けている親子なのでした(笑)いろんな示唆が含まれているし、実は結構深い話ししてるんですよね。9割方はくだらないこと言い合って、笑ってるんですけれどねー♪

こんな会話が自然にできる、この関係がめっちゃ至福なのでした。息子とは性格も価値観も違うので、だからこそ、話しが面白いんですよね。どっちも尊重し合えるというか。

ちょっと話がズレますが。
よく相談に来られるお母さんの話を聞くと、どうしても親として上から目線だったり、正しさを教えようとコントロールが入ったりしているパターンは多いようです。それも別にプロセスだし、いいのですが。どっちがいい・悪いではなくて、なんでもいいのですが。。。

相手と対等に。本音を言い合って、お互いに違いを尊重したコミュニケーションの方が気持ちがいいし、面白いし、深まるわぁってしみじみ感じる一場面なのでした♪

息子との関係、という意味では、相談に来られるお母さんたちのような悩みを、私は感じたことがないんですよね。。。それは私にコントロールしようとする無意識の習慣のようなものがないからかもと思いました。あってもいいけれど、ない方がお互いに楽しいなぁと改めて♪

息子の考えや選択を信頼して尊重できるのは、自分の考えや選択を信頼できているからかも、とも今、ふと・・・幸せな親だと思います(笑)感謝〜♪

NEWS

【出版しませんか?】商業出版カフェ毎月開催(無料)
http://proud-f.com/archives/1514

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting