悩みがない!

with コメントはまだありません


人と話していて、私には悩みが・・・『本当に何もない!』ということに気づきました。相手の人も悩みがない同類の方だったので、再認識できました(笑)

「誰にでも一つや二つ悩みがあるものだ」という暗黙の常識のような風潮の中で、何の悩みもない二人が出会うって、面白いなぁ。

もちろん、ビジネスで今後どうしていこうとか、資金繰りとか、そういう『課題』は多々あります。死活問題だったり、大ピンチな時もそれはたくさんっ!ギャオ〜。

それら、た〜くさんの課題に対して『どうしたらいいか?』と対策を考えて、考えたことを実行に移して、課題クリアしたらクリア、クリアできなければまだ『どうしたらいいか?』から繰り返す。。。。そう!考えて行動していると、そこに『悩む』余地がないんですよね。

悩むって、どうしたらいいかわからないって悶々としたり、何かを決めかねている時の言葉だと思うんです。

で、、、

私にも、もちろん、わからなくて悶々とする事柄や、決めかねることはあります。けれど、それについて全く悩まないんです。

まず、わからなくて悶々としたら「考えてもわからないことは、ひとまず棚にあげよう。なるようにしかならないし。」って心の棚に上げてしまいます。

何かを決めかねている時は「悩んだ時は、決めない」と決めているので。こんなに悩むのだから、このことは決断しないで様子を見る、とすぐに決断しちゃうんです。

根底に「なるようにしかならない」という感覚があるので、悩まないのかもしれません。それから、やりたいことがたくさんあって、悩むという時間がもったいないという感覚もあります。

そもそも、死ぬしかないくらい大ピンチの時に、助けてくれる人がいることが本当の自分の財産、宝だと思います。

なので、厳密に言うと、悩みがないのではなく、悩むような事柄は人並みに起こるけれども、その時に・・・。

1.
悩んだって、解決しないものは棚に上げて、今できることをやる!
2.
どうしたらいいか?を考えて実行に移す!
3.
決めかねるような時、悩んだら決断しないと決めている!
4.
今、決断しないといけない場面で決断したことに対しては、もう悩まない!
5.
本当に困った時に、助けてくれる人がいる!
6.
どうしようもなければ死んじゃうだけだしね、と思っている!

というスタンスだから、結果的に悩みは0なんですよね〜(笑)同じような感覚の方に出会えて嬉しいわ〜。

あ、ちなみに。
親っていう立場の人たちは、悩むのが好きな方が多いのですが(笑)←よく相談されます。

私は親という立場ゆえの悩みも一度も感じたことがないんですよね。いつでも心から息子が最高!って思っているので(←ただの親バカ)悩む内容がないんです。

基準が息子だもの。ちょっと障害があったり、ちょっと学校のいろいろがあったり、ちゃんと悩むような出来事は起こっているんですけれど(笑)もう存在してくれているだけで、ミラクルはっぴ〜ちゃん♪

息子にとっての課題は、それは息子の課題だし。自分で乗り越えるでしょう、ってなぜか、すごく思えてしまうんですよね。やっぱり親バカか・・・。

そんな私に対して、親として無責任だという人も中にはいるのですが(あ、ほとんどの方は共感してくれますが・・・どんなことでも否定派はいます。)そう思う人は思ったらいいんです。

何を思い感じようが、誰もが自由ですもの。そして、それはその人の考え方・見え方。私は、幸せだし、息子との暮らしを堪能しているので、後悔なし〜!

人からどう見えようが・・・自分が納得して幸せだと、何を言われても幸せで。
経営者としても、親としても、悩みが何にもないー。課題をクリアできなくて、もし死んじゃっても、その時はその時、くらいに思えてしまうノーテンキという才能を発揮して、日々生きています(笑)

このノーテンキな性格は幼少期には全否定されて矯正されていたけれど、人間、本質は変わらないものですね。。。そして、その本質通りに生きないと、結局は納得できないものなのかもしれません!全てのプロセスに心から感謝です♪

NEWS

【出版しませんか?】商業出版カフェ毎月開催(無料)
http://proud-f.com/archives/1514

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting