私たち世代(50・60代)の役割

with コメントはまだありません


先日、23歳の女の子からLINEがきました。

『すみちゃんと、すみちゃんの周りの皆さんは年齢が上がるほど若くなってる。自分に正直になって、自由になっていくことって本当に素晴らしいのねー(o^^o)20代の私たちも刺激受けまくりだったので、素敵な大人たちと共に私たちももっと自由になっていくぞー。』

20代の人たちは、レールから外れないように、枠の中でなんとかうまくやるように、真面目に頑張っている方が多いように見えます。

しかし、私のように、歌を習ったこともないのに、下手くそのまんま歌ってライブしちゃったり。子ども抱えたまんまシングルマザーで起業しちゃったり。ある意味、そんな「かっこ悪い生き様」を見せることが、いい刺激や影響を与えるようなのです(笑)

自分に正直に、ありのままで仕事も暮らしも生きたら。それは、かっこ悪いかもしれないけれど、充実して毎日が輝く。楽しい!そんなエネルギーを放出するのが、私たち世代の役目なんだと、そのLINEを読んで再確認しました。

私も含めて、周りの友人たちは、もう本当に、なんて言うか・・・自由に生きているんですよね。それで何となくみんな食えてもいる(笑)

他の友人たちがどう感じているかは知らないけれど。私は、いつも。自分に嘘をついて長生きするくらいなら、瞬間瞬間、自分に正直に生きて、さっさと死んだほうが幸せだって思っています。

どうせ100年もしたら、誰も私のことなんて覚えてないし、みんなそうなんだから、自分に嘘をついて、妥協して生きていたら、どうして生きているのかわからないって感じているのです。

だから、私たち大人世代は、どんな社会であってもその中で、若い世代に『自分に正直に、自由に、人生を謳歌する生き様を見せる』ことが役割だと、私は思います。

人生の先輩方が、こんなにワガママに自由にやってるんだから、もっとワガママに自由にやっちゃっていいんだなって思ってもらえるように。

ワガママって悪い意味で使われることが多いけれど。我、ままに。Let it beなんですよねぇ。自由な発想でアイデアを出して実行するってことも含まれていると思うんです。

今は、決められたやり方や枠の中で何とかしようと、そんな頭の使い方が主流で。(もちろんそうじゃない人もいますし、50代でもガチガチに枠の中で不安を抱えている人もいますが。)

お金がなければアイデアを出して乗り切る!みたいな発想が少ない。逆に、お金がなくならないように細心の注意を払っているような、不安に追われているような、そんな若者が多い気がします。

そんなの、何のために生まれたのかわからない。自由な発想とチャレンジ力。若い人から、それを奪ってはいけないと私は思うの。逆境があるほど、それは燃えるとも思うから。もしかしたら、逆境が少ないのかもしれません。

その一方で、いつでも、どんな時代であっても、自分を信じて、自分に正直にアイデアを出して行動して革命を起こすような人は必ずいるもの。若いとか年代とか関係なく、いつでも面白い人はいるのだから、別にいいかなとも思うんだけれど。

いやぁ、最近、若い人から「自由でいいんですね!」ってメッセージを頂くことが多く。

逆に「え!なんで?そんなの当たり前じゃん。自分の人生なんだから、自由にやりゃいいじゃん。」って驚く機会が多いのです。

(しかも、否定された人ほど、自由に生きられるみたい?そんな逆説的な出来事を次回書く予定です。)

なので、我々大人世代は、若い世代のためにも、自由にワガママに生きるのがよろし!
としみじみ感じたのでした(笑)

NEWS

【出版しませんか?】商業出版カフェ毎月開催(無料)
http://proud-f.com/archives/1514

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting