生きづらさは自作自演

with コメントはまだありません


某イベントで、企業としてブース出展した際に、いろいろな方がブースに来てくださって、お一人お一人とゆっくり会話できたのが、とても楽しかったです。

その中に「生きづらさを抱えている」という人が数名いました。内容は違っても、彼らの話しは共通点がありました。

また、コンサルをしているお客様とも、まさにリンクしたので、そのことを書いてみます。

内容はそれぞれ「LGBT」「身体障害」「発達障害」の他にも、そういうわかりやすい特徴はなくとも生きづらいと感じている方など、様々なのですが、共通していることがあります。

それは、
自分自身が『社会』という枠に、自らハマろうとしたり、自ら比較をして苦しんでいる!ということです。

言い換えれば、
『軸や基準を外に置いている』ということなのです。生きづらさの正体って、ただその一つだけ!

もし、その一人一人が完全に自分基準で生きたら、そもそも「生きづらく」ないわけですからね。もちろん、事情はあるでしょう。親との関係、社会との関係、そういう関係性の中で苦しんでいるのですから事情も理由も背景も、それぞれにあるのはわかります。私自身もその時期が長かったですしね。

しかし、同じように生きづらさを感じ、苦しみもがいているところから「自分を生きる」ということを自ら選択している人も、たーくさんいるんですよね。

私は、もし自分を他の基準に合わせて生きるなら、合わせないで死んだほうがマシと思って、模索を始めました。だって、必ずいつかは死ぬことは決まっていて、その限りある命、自分として生まれた命を、他の基準で生きて後悔したくないですからね。

そんな風に思えたキッカケは息子です。どんなに繕っても頑張って社会的に完璧な人間ができたとしても、我が子の目はごまかせない。この綺麗な瞳にはバレちゃう!だから、自分を生きよう!って、肚で決めました。

決めてすぐに自分を生きることは難しく、それまでの習慣が自分を苦しめたり、社会からの否定にあったりしましたが、それでも自分を生きることを選択し続けて15年以上が経った今なのです。

はじめのうちは全否定されていた「シングルマザーになって子どもと二人で生きる決断」「起業して生きる決断」「子ども選択的不登校(あえて行かない)の決断」などなどなど、今では、もう誰も否定しません。

自分が納得しての決断なので、別に認められなくても大満足ですが、なぜか受け入れられて褒められる始末(笑)

全く同じことをしているのに、全否定したり大絶賛したり、周りは忙しい。しかし、本人は周りに関係なく、いつでも淡々と「自分をやっているだけ」なんです。

自分を基準に、自分軸で生きれば、自分がどんなに社会とはかけ離れていようが似てようが、また、否定されようが認められようが、そんなことには関係なく、生きやすいのです。

軸を自分に置く。基準を自分にする。そこから『行動』し続ける。それだけで、気持ち良く生きられます。

いや、もしかしたら最初の風当たりは強いかもしれません。でも、いづれ止みます。そんなこと、どこ吹く風。大切なことは「自分を生きる」ことですからね。

そんな自分の体験や、自分軸で生きる周りの友人たちと関わっていると、生きづらいという人は、自分で自分の軸を外に置いて、そこと比較して苦しんでいる・・・自作自演状態だって思うんですよ。

起こっていることは自分の決断の結果です。また、どうしようもない運命はありのまま受け入れ、その上で自分軸で生きたら、それほど幸せなことってないとしみじみ感じています。

そういえば、息子が赤ちゃんの時に、病院から告げられた身体的な障害さえ、私は、息子が基準で他の人が変わってるね、くらいに思えました。

病院が「障害」という言葉を使っても、私には、息子が基準だったのですよね。だって、息子だったらなんでもいいし、もう愛しくてたまらないんです〜(←要はただの親バカ。)

おかげさまで息子自身も、そのことをコンプレックスに思わずに育っています♪私にとっては最高の息子だもんっ♪

私自身はコンプレックスだらけで自分すら敵だった幼少時代を過ごしていますが、そんな私を息子が育ててくれての、今の私です。息子に出会えていなければ、きっと今でも自分を否定して生きづらかったままかもしれません。

私のところに生まれてきてくれて、本当に心から感謝が溢れます。出会うことを、もしかしたら約束していたかもしれない気もしています。うまく言語化できないけれど。

息子が育ててくれたこと・・・
『自分と繋がって生きる』この気持ちよさを少しでも分かち合えたら嬉しいです♪

結局のところ、人生は。
どこをどう切り取っても自作自演なんですよねぇ、としみじみ。。。自分がどう受け入れて、どう考えて、何を選択しているか、の結果ですものね。何が起こったとしても。。。

NEWS

【出版しませんか?】商業出版カフェ毎月開催(無料)
http://proud-f.com/archives/1514

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting