世界で一番美しい村

with コメントはまだありません

先日、息子の15歳お誕生日に『世界で一番美しい村』というドキュメンタリー映画を観に行きました!

ただ、淡々と事実を映し出してくれる、その構成に・・・。普通の映画のように「緩急があって心が揺れて感動」みたいな小細工がないところが、とても良かったです。

感じることを観る側に委ねてくれている、その感覚!それは、決して、感動映画ではないのに、ずっと心に残る心地よさがありました。

たまたま監督のトークショーがあって。最後に監督が「世界で一番美しい村は、この映画の中の村のことではなくて、この映画を見て、美しいなぁとか、懐かしいなぁ、などと思う、その一人一人の心の中にあります。」とおっしゃっていたのが印象的でした。

自然体で素敵な方でした。

実は、私は今まで、いいなって感じるドキュメンタリー映画に出会ってなくて(笑)友達が感動して勧めてくれた映画が、今までいくつも「私は感動しないし、違和感すら覚える!」というものばかりだったので、今回も内心ヒヤヒヤしていました(爆)

今回は友達に勧められたわけではなくて、ただ、息子のお誕生日に一緒に映画とか行きたいなぁって思ってネットで探したのが、この映画でした。

友達の勧めでも感動しないのに、ネット情報で見つけた映画はどうなのだろうか?と本当、ドキドキだったんですよね。だって、15歳のお誕生日!っていう日に、違和感映画じゃぁ嫌ですもん。

結果、良かったんですよ。

感動で泣くみたいなことはないんですけれど、静かに心に響くみたいな、その静かな揺らぎが好きです。

監督は、報道カメラマンが本職だということで納得。ただ、淡々と事実を伝えてくれる、その感じが、居心地がいいったら!

息子と「いい映画だったねぇ」「うん」と家路に着いたのでした。大感謝♪なんか、変に感動を作られているものが、親子でダメな体質だということが浮き彫りに・・・。あははー。

新緑の力強さや、子どもの仕草や、そんな些細なことに感動して涙が出てしまうのに、多くの人が感動する、意図して作られたものは興ざめしてしまうという、どうにも生きづらい性質。でも、超くっだらない事は好き。アホみたいなことで息子とよく大笑いしています。きっと大人はついてこれない5歳児レベル・・・私って一体(笑)

NEWS

【出版しませんか?】商業出版カフェ毎月開催(無料)
http://proud-f.com/archives/1514

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting