盾を持っているから剣が出る

with コメントはまだありません

ある友人の話です。彼女はすごく気をつかう性格で、特に人の家では親しくなっても丁寧なところがありました。例えば、電源を借りる時には必ず断る(・・・私もそうですが・笑)などは特に気をつけていたのだそう。

ある時、一緒にワークショップを開催した人の事務所で、どうしても電源が必要な時に、その人が忙しくしていたので、後で言おうと思って、電源を使ったそうなんです。心のどこかで「いつも、気を使いすぎよ。」と言われていたことも思い出し、後で丁寧に伝えればいいだろうとも思ったそうなのです。

しかし、それが大変なことに(笑)

電源を使っていることを、友人が断るより先に、その人が見つけてしまい、もうそれからネチネチネチネチと言われ、すごく傷ついてしまったそう。

私は、
「そんなことでネチネチ言う人とは距離をとればいいよ、早めにわかってよかったじゃん。」なんてノーテンキな発言をしてしまいましたが、本人は深刻でした。

人には、そんなノーテンキなことを言う私も(笑)実は、経験が、いくつもあります。今、思い出したのは、息子と行ったフリースクールでの一場面。

実はものすごーーく気ぃ使いしいな私は、誰かのテリトリーだと、変に気をつかっていることがあります。(当社比では、だいぶ改善されましたが、まだ。。。)

変キャラのおかげで、付き合いが短い人には、それがバレないという面があります。ただ態度がでかいやつ、にしか映らないかも。。。で、話を戻して。

私は誰かのテリトリーに行くと、そこでのルールを極力守ろうとする面があります。なんか「いい子モード」や「ご迷惑をかけてはいけないモード」が発動するのかわかりませんが、きっちりやろうとしてしまいます。ここは自動反応。

で、最初に「ここでは何をしても自由です。寝る時間も起きる時間も自由です。」というルールを説明されたので、その説明通り、私も息子も、自由でいました。

しかし、その後、大変なことに(笑)

スタッフの一人が、私に「星さん、これからは就寝時間と起床時間を決めることになったんですけれど、いいですか?」と言ったのです。

いえね。このセリフだけを読んだらなんの問題もないのですが、言い方です。まるで、絶対に言うことを聞いてくれない困った人、ボスキャラ的な人に、なんとか、それを理解してもらいたいという雰囲気で伝えられたのです。

私は、すごくショックを受けました。

「これから、こうなりましたー」って言ってくれるだけで、忠犬ハチ公のように守る私に、それって何?

ルールで自由って言ったから自由にしていただけで、時間が決まったって言ったら、そのまま守るのに、え?何?私って、そんなに、ワカランチンの困ったやつくらい思われているの?ウソォ!

という思いがあふれていたのですが、その時は、何も言葉にならずに、ショックのまま固まってしまいました。そうしたら、さらに「やっぱり、気を悪くしたよね」って別の意味で誤解をされて、誤解の上塗りが次々と(爆)

最初の友人の例も、私の例も。

どちらも友人や、私の方に『盾』を持っていたから現れた『剣』で、相手は関係ないんですよね。

もし、友人が気をつかいすぎることを気に病んでなければ「ネチネチ」が始まった時に「ちょっと電源使っただけで、何言ってるの?忙しそうだから後で断ろうとしたんだよ」って、ナーーンの他意もなく伝えたら、きっと「ネチ」くらいで話は済んだと思うんですよね。結果も、もっと気持ち良い関係になったかも。

もし、私が、ルールをしっかり守る私にこだわりを持ってなければ、スタッフから言われた瞬間に「いやぁ、自由ってルールだから自由にしてただけだよ、ルールが変わったならOK!」ってなんの引っかかりもなく済んだ会話でしょう。

相手が、どのモードできても、こちらになんの「盾」もなければ結果が変わっていたと、すごーく感じるわけです。

相手には相手の問題があって、確かに「剣」は出していたかもしれない。でも、こっちに「盾」がなければ、剣は消滅してしまうんですよね。

出された綱を受け取らなければ、綱引きにはならないってこと。

『剣』も『盾』も、人生の経験の積み重ねによってできた習慣で、それぞれに持っているものなのですが、自分の持っている『剣』と『盾』を自覚できると、だいぶ関係性って変わるんですよね。ただ、それだけでも。

NEWS

【出版しませんか?】商業出版カフェ毎月開催(無料)
http://proud-f.com/archives/1514

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting