30秒で話を伝える

with コメントはまだありません


図書館でふと借りた本が、とても実践的で面白かったのでシェアします。

「結果を出す人の30秒で話を伝える技術」ミロ・O・フランク(著)上原裕美子(訳)青春出版社

派手なピンクの表紙だったので期待しなかったのですが(笑)読んでみたら分かりやすかったのでした。薄くて字が大きくて、あっという間に読めてしまいますが、さすが30秒で話を伝える技術というだけあって、薄くても、伝えたい内容やスキルが伝わってきました。

さて“はじめに”で、いきなり『次の文章を声に出して読んでください』というくだりがありました。

「効果的で、説得力があって、簡潔明瞭なコミュニケーションの方法を学ぶのは簡単だ。本書は、聞き手の注意を引き、関心をつなぎとめ、グッとくる話を聞かせ、自分の欲求をハッキリ伝える方法を教える・・・。
しかも、すべてをたったの30秒で。相手が同僚でも、家族でも、友人でも、秘書。会計士、会社の社長でも、要点を確実に伝えられるようになる。本書が示すシンプルなルールを身につけ、簡単なテクニックを活用してほしい。楽しく、時間の節約になるばかりか、これまで思ったこともないほど順調に成果が出るようになる」

この例文こそが、本の内容をきっちり30秒で伝えている!う〜む。

いつも手元に置いておきたいなぁと思って、調べてみたら、アマゾンにもどこにも在庫はないし、中古本は値段が張るし(定価は1200円なのに、7000円くらいだった)・・・手に入らないって思ったら、余計に・・・(笑)

でも、図書館に行けばいつでも会える〜。図書館ナイスです。きっと本屋さんで見かけたら手を出さないと思いました。派手だし薄いし、どうせ〜、みたいなイメージなので。

あ、でも。書いてあることは基本かもしれません。普段から話が伝わり結果を出せる方は、読んでも「それで?」という内容かもしれません。ただ、非常に分かりやすかったし、私には役に立ちました。

また、一番大切なことは「目標」を1つに絞るということなのですが。1つどころか、目標もなく話している場面は、ビジネスにおいても、よく見かけます。

「何がしたくて、話をしているのか?」「得たい結果は何なのか?」という目標を明確にするだけでも、結果は変わります。

なので、相手に興味を持ってもらうとか、しっかり意図を伝えたい、そして何より「結果を出したい!」という、そんな思いがある人には、シンプルだけれど役立つ1冊かと・・・いやいや別に回し者ではありませぬよ。

NEWS

【11/23・12/2・12/13 文京区】自分軸をブラさず起業する!わがまま起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1231

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting