「ちゃんと」出来ません!

with コメントはまだありません


ちゃんとしなさい。ちゃんとやらないと!50年くらい頑張ってきたけれど、ちゃんとできません(笑)

よく考えたら「ちゃんと」という言葉の意味は、あまりにも広すぎたり限定すぎて、実態がないんですよね。使う人の主観によるものが大きいのです。

そういう意味では、ちゃんとは決してできないし、誰もがちゃんとしているとも言えるのですよ。

もう、本当・・・「ちゃんと」「普通」「常識」「みんな」などの言葉は、どこにも実態がない。実態はないのに主観で誰もが使うからややこしい(笑)

人の数だけ意味がある!そんな63億個も意味があるものを1人の人間ができるわけがない。誰も「ちゃんと」なんてできないのです♪

この世界にたったひとつだけ確かなことは、誰もが「自分のこと」だけ。だから自分には嘘をつかないこととか。自分の気持ちや感覚に誠実でいることだけは、誰もができる唯一、確かなこと。実態があるもの。

だから「ちゃんと」ってことは、あくまでも自分に対して「ちゃんと」するということしか、できない。と、いうことは。。。

自分に誠実なことだけを「ちゃんとしている」と言えるのではないかと思う。

そういう意味では、私は相当「ちゃんと」している。でも多くの人や親などがいう意味では「ちゃんと」できないのでした。見事なまでに〜。

でもね。結局いつの瞬間瞬間も、そして、最後の瞬間でも。自分が納得していたり、自分に誠実だったりしたら、後悔しない。少なくても、自分自身はいつも幸せ♪

幸せでいれば、周りに幸せのエネルギーが伝播する。だから自分にちゃんとしていれば、それでいいんじゃないかなぁ?としみじみ感じているわけなのです。

ちゃんとちゃんとの朝ごはん(←意味なし)

NEWS

【11/23・12/2・12/13 文京区】自分軸をブラさず起業する!わがまま起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1231

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting