『世間様』は存在しない。

with コメントはまだありません


母の口癖は「世間様」でした。対人恐怖症と緊張症で、人の目が人一倍気になる母は、私が幼少期から「世間様に恥ずかしい」「世間様が見たらどう思うか」と異常に気にしていたのです。

(その割には「友達が○○を買ってもらってた〜」なんて言うと「人は人!」なんて都合よく言ってましたっけね・笑)

そんな母の影響を強く受け、20代くらいまでは、私も人の目を異常に気にして、人の視線が怖く超緊張症でした。

しかし、社会に出ると、たくさんの人と出会い、視野も広がります。そして気付いたのです。

「世間様」というものは、勝手に作り出した幻で、それを言っている人の心の中に存在しているだけで、現実には、どこにも存在していない!という、事実に〜♪

極端に世間様を気にしている母がいたからこそ、そのことに気づけたのだと思います。感謝です♪

その時代・その場所などの「風潮」とか、その組織・グループなどの「雰囲気や傾向」などは、あると思いますが、それは、割合とか流れとか、そういうもので出来上がっているだけで、どんな組織も、どんな社会も、一人一人の人で成り立っている。その一人一人は、それぞれ考えや性格が違う。

と文章に書けば当たり前のことかもしれないのですけれど「今時の若い人は」「今の学校の先生は」などと一括りで語られる場合も多いです。大抵、この場合はマイナス的な意味合いで目立つ、ほんの一部の人が目立って、その一部と全体を一緒くたにしていることが多いです。

一方で、マーケティングを仕掛ける場合は、トレンドを研究したり、トレンドを作り出したりなど、一括りにした社会の一番多くの人が反応することを考えたりしています。

なので、この時代・この場所での、最大公約数というものは、確かに存在しています。しかし、一番多く反応するポイント、最大公約数の中にも、やはり、一人一人の考えや感性があって。全く当てはまらない人も存在しています。

トレンドを仕掛けて作り出しても、多くの人がその気になる一方で、全く興味ない人や、嫌悪する人もいます。

そして、トレンドに乗っかる人の中にも、そのトレンドに乗っかるという共通項はあっても、やはり全く違う感性や考えを持った、一人一人の人間です。

そういうことを考えた時、世間様って、あるようで、本当に何の実体もない。ただ、世間様という認識を持った人の心の中にだけ事実として存在している代物なのだと思います。

なぜそんな風に思ったのかと言うと。

例えば、息子が小学生の時。私と息子は「選択的不登校」を選びました。行『け』ないのではなく、行『か』ない、です。

本当に行きたいと思える学校を、子どもと二人で探し選んで。通常の学校には通わないという選択をしました。

当時、その選択は、非常に叩かれ「学校に行かせないのは虐待だ」と通報されるほどでした。でも、自分の選択を心から楽しんで数年後。多くの人たちから「素晴らしいね」と認められるようになりました。

否定されようが、絶賛されようが、そんなことは全く関係なく、自分が納得する選択をしていると、なぜか、認められるという現象は、選択的不登校ということだけでなく、他にも多々あります。

世間様なんて、そんなもん(笑)実体なんて、ないんですよね〜。

人とは違うことを始めると叩く人はいるけれど、そういうマイナス感情が目立つだけで、ほんの一部の人です。そして、肯定する人もいて、もうそれぞれ、みんな勝手なんですよね。

否定や絶賛や、そんなことに振り回されることほど馬鹿げたことってないんです。

他にも実例、山のようにあります。体験して見えてくることは多いです。

自分が納得する人生を歩いていれば(出る杭も、できってしまえば)認められるし、認められなくても、どっちにしたって、自分が納得できてりゃぁ幸せなのです♪

納得して幸せに生きてりゃ、自分も気持ちがいいし「わ〜いいね」と思ってくれる人も現れる。世間様という幻に振り回されるよりは私は好きな生き方です。

でも、母の「世間様を気にするという選択」も尊重しています。誰でも、自分が好きな「見方・捉え方」を選択しているだけなのですからね〜♪そうやって、一生懸命に育ててくれた母に心から感謝なのです♪

NEWS

【11/23・12/2・12/13 文京区】自分軸をブラさず起業する!わがまま起業実践塾体験会
http://proud-f.com/archives/1231

【稼げる資格】感情心理カウンセラー講座
http://proud-f.com/counselor

【問題社員を解決します】社員25名以下の企業向け
http://proud-f.com/consulting